カードローンと住宅ローンの違いについて

カードローンも住宅ローンも、お金を借りることができるという点では同じようなものなのですが、いくつかの点で異なっています。
まず、目的が異なると言えるでしょう。住宅ローンの場合には、住宅を購入する以外のの目的でお金を借りることはできません。これに対してカードローンは、たいていは目的を定められません。何にでも使う事ができるという点で異なっていると言えるでしょう。
次に、担保の違いがあります。カードローンでは担保を設定しない場合が多いです。担保を設定しないと金融機関側のリスクが大きくなりますから、それによって金利が高くなることが多いです。一般的には高金利という傾向は否定することができないでしょう。
このような違いがありますから、利用の仕方も大きく異なります。住宅ローンは大きな資金を長期間にわたって借りるためのものだとも言えるのですが、これは担保を設定して金利が低い条件で借りられるからだと言えるでしょう。カードローンの借金はそうではありませんから、あまり多く借りると返済が苦しくなります。

旅行好きだったから、就職はしませんでした。そんなことを友達に話したら、顰蹙を買いそうなので、就職試験に落ちてばかりいたので就職をしなかったと話しています。今はアルバイトをしています。女の子だし、そんなにあくせく働かなくてもいいかなってさえ思っています。就職は30代になってからでも遅くないと思っているほどです。旅行に行くために働いているようなもので、まとまった金額を持っていくようにしています。でも、先日行った旅行の際は、それでも、30万円足りなくなりました。地元から遠く離れた場所だったので、誰に頼るわけにもいきません。最初どうしたらいいか途方に暮れました。初めての経験だったからです。それで、パソコンで調べたら、主婦カードローンと言う方法があることを知りました。アルバイト収入があれば、主婦カードローンできそうだったので、銀行から、併せて30万円のキャッシングをしました。キャッシングができて本当に助かりました。又、アクシデントがあったら、利用したいです。